鼓都鼓都となべさん ホーム » スポンサー広告 » ニュース語録 »鉄は国家なり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鉄は国家なり  

鉄は国家なり


明治時代、「産業の母」「国防の基」と呼ばれたのが鉄。


鉄道や造船、建築技術が西洋から移入されたものの、


その材料となる鉄を海外からの輸入に頼っていた


当時、何よりも急がれたのは鉄の国産化であった。


近代国家の形成には必要不可欠な鉄


日本は、日清戦争の賠償金で九州に八幡製鉄所を造り


鉄の国産化に着手した。


それから100年後、北京五輪を控え経済成長が著しい中国が


大量に鉄を欲している。


鉄の他に、ニッケル(ステンレス)、銅や鉛、亜鉛も需要がある。


wdi070305001-2.jpg


これに便乗して金属泥棒も多発している。


しかし、ニュースや新聞を見ていると、


苦労の割には儲からないような気が・・??!!


・ 銅線など計約7トン(時価80万円相当)


・ ステンレス製線香皿200個以上(40万円相当)


・ 銅線約550キロ(33万円相当)


・ 側溝の鉄製ふた55枚(計70万円相当)


・ 鉄板7枚(計84万円相当)


 「1キロ当たり150円で(リサイクル業者に)転売し、1回当たり10万円稼いだ」。


横浜市で昨年11月、側溝のステンレスの蓋(ふた)


を盗み逮捕された容疑者はそう供述。


100000 ÷ 150 = 666.66kg(0.6トン)


重い割にはたいした金額ではないような・・


これを運ぶのにトラックやユニックやら必要だし


これを引き取る業者も警戒すれば買い取ってくれないかも


結論としては


金属ドロは苦労の割には稼げないのでやめましょう

スポンサーサイト

category: ニュース語録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://littlecubinkyoto.blog63.fc2.com/tb.php/425-bb04b42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ

いくつになったの

アク解

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。