鼓都鼓都となべさん ホーム » スポンサー広告 » マラソン »京都マラソン2016 への道 9 森脇健児と走ろうのおさらい

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

京都マラソン2016 への道 9 森脇健児と走ろうのおさらい  

20160210_IMAG2552_R.jpg

フェイスブックのグループ 「 ラン友 」 の Tシャツが届きました。

20160210_IMAG2553_R.jpg

フェイスブック内でのランナーズクラブみたいなもんですが・・・

これを着て、先日の森脇健児と走ろう!で学んだトレーニングを実効しにまたまた嵐山へランニング

とにかく練習は裏切らない

20160210_IMAG2557_R.jpg

松尾橋からの愛宕山、山頂には雪景色、すこし寒い午前中でした。

20160210_IMAG2558_R.jpg

家からここまで5kmほど、ここで軽く公園ストレッチを

20160210_IMAG2560_R.jpg

ここの嵐山自転車道は、福士加代子さんや有森裕子さんなど数々のランナーのランニングコース

同じコースを走れるなんて素晴らしい

ここから嵐山まで2.5km、法輪寺へ行き

20160210_IMAG2561_R.jpg

森脇健児さんのトレーニング 法輪寺階段ダッシュ

20160210_IMAG0289_R.jpg

この階段もキツイですが、もっとキツイのが

20160210_IMAG0290_R.jpg

実は下り坂です、急な下り坂なのでコントロールが難しいのと路面が濡れていたので転倒の危険が

20160210_IMAG0292_R.jpg

箱根駅伝のような下り坂、しかしトレーニングには最適です。

10本は無理でしたので5本で終了し

渡月橋左側をランニング

20160210_IMAG0314_R.jpg

奥へ奥へと走ったら別世界が広がります。

20160210_IMAG0312_R.jpg

20160210_IMAG0313_R.jpg

さらに奥へと進むと

京都で一番宿泊したい旅館 日本発のラグジュアリーホテル「星のや京都」 入口

20160210_IMAG0309_R.jpg

京都・嵐山ファン必見!秘境『大悲閣千光寺』 入口が・・・

20160210_IMAG0308_R.jpg

20160210_IMAG0307_R.jpg

とにかく急な坂道の大悲閣千光寺 杖までありました

20160210_IMAG0306_R.jpg

トレーニングにはもってこい

20160210_IMAG0304_R.jpg

路面が濡れているので注意しながらダッシュで登る

20160210_IMAG0303_R.jpg

参拝客は誰もいない、本当に秘境なお寺

静かすぎる、自分のハァハァ(*´д`*)ハァハァ呼吸音が響く

20160210_IMAG0300_R.jpg

つづら折りの石段を100メートルほど登りきると、嵐山の中腹に位置する千光寺が姿を現します。

そして切り立った崖から眺める絶景!

松尾芭蕉の句 「花の山 二町 のぼれば 大悲閣」

20160210_IMAG0297_R.jpg


20160210_IMAG0298_R.jpg

「一人3回まで自由につくことができる」鐘楼がありまして、優しい音色があたり一面に響き渡ります。

これ以上は拝観料400円ゾーンなのでここまで

ここから嵐電嵐山駅まで行き帰りは嵐電で帰宅 (階段ダッシュで力尽きました)

自宅から嵐山まで7kmほどランニング → 法輪寺階段ダッシュ → 大悲閣 千光寺ランニング(1km)

山頂まで階段ダッシュ → 鐘を突きに行く → 嵐電嵐山駅ランニング

↑ 以上のコースを今後のトレーニングメニューとして採用していこうかと ↑

力付いてきたら、嵐山から自宅までランニングで帰宅するのもよしですが、今はここまでで

京都マラソンまであと10日間、悔いのないように頑張れ俺。

20160210_IMAG2528_R.jpg













スポンサーサイト

category: マラソン

tb: --   cm: --

いらっしゃいませ

いくつになったの

アク解

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。