鼓都鼓都となべさん ホーム » 日常 »ラジオメーター

ラジオメーター   

もうかれこれ10年以上大切にしているものがあります。

それは 「 ラジオメーター 」・・・
ラジオメーターってなんぞやと思いましょうが
画像を見てガラスの球の中になんか羽があるように見られますね・・
この羽が太陽の光とかを浴びれば回ります。

? 原理

 ラジオメーターは物理学者イギリスのクルックスによって真空ガラス球内の回転翼の光による回転運動として考案され、ソーラーエネルギーを運動エネルギーに変える実験器具として発明されました。
 羽根の表裏には細工があり表に光が当たっても反射して熱を吸収しないがが裏側の黒い面に光があたると 真空内部にわずかに閉じ込められたガスが黒雲母板の表面で活発化し表面より分子が強く板に当たり板を押すようになる。
 光が当たって温度が上がりその板表面では内部気体の分子運動が盛んになる。
 内部を真空にすることで羽根が回る時の空気抵抗がきわめて少なくなるとか。

と、こんな感じです。

とにかく、ガラス玉ですので非常に壊れやすいのは眼に見えています
これが10年以上存在しているので不思議・・ww


11113027101097.jpg

スポンサーサイト



category: 日常

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/08/23 07:48 | edit

質問です!

丸型のラジオメーターがなかなか見つからないのですがどこにありますかね?

ほしし #- | URL
2016/08/22 23:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://littlecubinkyoto.blog63.fc2.com/tb.php/267-6d71f2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ

いくつになったの

アク解

▲ Pagetop