鼓都鼓都となべさん ホーム » スポンサー広告 » 日常 »1995年1月の阪神大震災と同じ早朝の地震、震度6弱

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1995年1月の阪神大震災と同じ早朝の地震、震度6弱  

20130413_IMAG2858_R.jpg

1995年1月の阪神大震災はまだ一人暮らしのアパートでした・・

あれから18年、今度は夜勤中、5時33分に地震発生。

緊急地震速報をキャッチ・・

職場の震度は3 職場は公共事業所なので建物が頑丈なのか

揺れは感じていない。

それから大変だった、地震対応マニュアルに従って行動

通常の仕事+地震対応しかも夜勤者3人のみ

事務所に1人常駐なので、現場は2人

痛恨に思った・・・なんでもそうだが訓練は必要なんだと

しかも訓練とは違い、本番なので思ったとおりに事が進まない

状況に応じての臨機応変な対応、判断が必要なんだと

マニュアルに記載していない細かいことも考えなくては。

東日本大震災のとき、地震後30分ぐらいで津波が到達らしい

揺れたらすぐに高台へ逃げろ・・

これも昔からの言い伝えとか訓練で生死が分かれる

京都人の私は絶対に津波で死ぬだろうな。

スポンサーサイト

category: 日常

tb: --   cm: --

いらっしゃいませ

いくつになったの

アク解

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。