鼓都鼓都となべさん ホーム » カメラ全般 »カメラ知識:測光方式って・ついでに2009年京セラ本社イルミネーション

カメラ知識:測光方式って・ついでに2009年京セラ本社イルミネーション  

仕事の帰りに「 京セラの毎年恒例のイルミネーション 」を撮影してきました。

20091214_IMG_0094_R.jpg

24mm f/16 ISO100 シャッター優先4秒 パターン(評価測光)

今回のカメラ知識は「 測光方式 」

実は私もよくは理解できていません・・・だって難しいんだもん

しかし、理解するとまたまた、面白い写真や綺麗な写真が撮れてしまいます。

一眼レフだけでなく、コンデジにもこの測光方法を変えれますので

興味のある方はつづきから見てね。


昔も今もカメラ撮影には「 測光 」っていうのがありまして

早い話が 「 光を測る 」 そのまんま・・

人でも暗い所から明るい所に出ると眩しさを感じますね。

そのときに目の瞳孔が閉まる・・・カメラでいうとレンズを絞る(F値は高くなる・・F8とかF11とか)

暗くなると、瞳孔は開く(光を多く入れるために)、カメラでいうとレンズを開ける(F1.8やF2.8)

で話を元にも戻して・・・被写体や周りの明るさをカメラに教えなければいけません。

それが「 測光方式 」といいます。

キャノンでいうと「 評価測光 」 「 部分測光 」

「 スポット測光 」 「 中央部重点平均測光 」の4つ

いろいろHPを見ていると

・評価測光:画面をいくつかに分割し、撮影シーンに応じてカメラが露出を自動補正する。

・スポット測光:画面の中央部分だけを測光する。

・中央部重点平均測光:画面の中央部に重点を置いて、画面全体を平均的に測光する。

・部分測光:画面の中央、面積にして画面全体の約10パーセントの部分を測光する方式。

マジでよく分かりません・・・・??!!

で・・・下の京セラのイルミネーションの写真を・・・

20091214_IMG_0103_R.jpg

シャッター優先 6秒 ISO100 24mm F10 評価測光(パターン測光)

シャッター優先モードはシャッタースピードだけ任意に変更して、

適性露出に必要な絞り値(F値)をカメラ側で自動設定。

なので、任意で6秒セットして撮影したものです。

これをスポット測光で撮影すると・・・・

20091214_IMG_0108_R.jpg

シャッター優先 6秒 ISO100 24mm F4 スポット測光

どうですか・・・明るくなりましたね・・ストロボとかは使ってませんよ。

・評価測光は全体的に明るさを測定してしまうので、イルミネーション部分の明るさや

銅像の部分の暗さやら、ごっちゃ混ぜで測光してしまうので暗い写真になりました。

・スポット測光は画面中央部分、銅像の部分だけで測光するので

銅像→暗い、絞りは開けましょうと


カメラは判断したのですね。だから、F値が4とカメラが自動設定したのです。

そんで・・・・ 同じように ・・・・評価測光で撮影

20091214_IMG_0113_R.jpg

シルエット?♪ 

スポット測光で撮影、そして応用撮影

シャッタースピード 6秒 F4←(F値はカメラが自動設定) 

20091214_IMG_0112_R.jpg

シャッタースピード 4秒 F4

20091214_IMG_0114_R.jpg

シャッタースピード 2秒 F4

20091214_IMG_0115_R.jpg

だんだん、暗く撮れている写真ですね。

シャッタースピードは光を入れる時間・・・長ければ長いほど明るく撮れますね。

しかし、あまり長いと露出オーバーな写真で真っ白になったりします。

この3枚でしたら、明るさのバランスがちょうどいいのは

シャッタースピード4秒の写真じゃないでしょうかね。

とま・・・・・測光方式の簡単な説明ですが、なんとなくしか理解できていません。

どの測光方法にも得手不得手があり、一概に優劣を決めることはできないです。

一般的には

初心者でも失敗が少ないのはいわゆるマルチ測光、

逆に使いこなすのは難しいが狙った通りの効果を得やすいのがスポット測光といえるだろう。

イルミネーションの時期、写真を撮りに行かれる方多いと思いますが

最近の携帯カメラやコンデジは優秀ですので、夜景モードやイルミモードで撮影すれば

一眼レフより綺麗な写真が撮れそうで怖い・・・怖い。

最後にこの一枚

「 イルミを見ながら、天体観測 」

20091214_IMG_0100_R.jpg

な訳ないですが・・・・全部イルミネーションの光です。
スポンサーサイト

category: カメラ全般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://littlecubinkyoto.blog63.fc2.com/tb.php/1545-2c15455c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ

いくつになったの

アク解

▲ Pagetop